debiruはてなメモ

はてなブログの HTML が Invalid なの、わたし、気になります

【3日目】これがウェブ届出フォームだ

ウェブ届出フォームの歴史

IPA脆弱性届出受付が用意されたのは経済産業省が「ソフトウエア等脆弱性関連情報取扱基準」を告示したのがきっかけで、この告示は2004年7月7日に行われました。

  • 2004年7月時点「届出方法:(1) 電子メール (2) ウェブ届出フォーム(準備中)」
  • 2005年2月時点「ウェブ届出フォームを公開」
  • 2008年3月28日「ウェブ届出フォームをリニューアル」
  • 2011年1月時点「2011年1月時点ではウェブ届出フォームは公開中」
  • 2011年5月時点「2011年5月時点ではウェブ届出フォームは停止状態に」
  • 2017年12月3日「今に至る」

現在のページでも更新履歴の欄に経緯が少し書かれています。これを見ると、2005年2月から2011年1月頃まではウェブ届出フォームが機能していたようですね。

当時の状況

2006年12月に書かれたとあるブログ記事によると、ウェブ届出フォームは機能していたものの使いづらかったようです。

今の届出フォームは正直言って使えないので、改善されるのでしたら歓迎ですね。フォームを使わなくてもメールで届け出れば良いですし、実際そうしているのですが、メールを PGP で暗号化するのはけっこう面倒です。

「脆弱性情報流通・統計システム開発」に係る公募についてというものが2006年末に出ていました。

つまり、2005年頭からウェブ届出フォームはあったものの使いづらいもので、2006年末からリニューアルの計画をして2008年3月にリニューアルが実施されたと。リニューアルに関する記事は次のものがあります。

また、この文書経済産業省のサイト上にある「IPA 平成19年(2007年)度業務実績評価」ですが、15ページ目で「ウェブ届出フォームの操作性の改善(上記のリニューアル)」が高く評価されています。

これがウェブ届出フォームだ

ところで、ウェブ届出フォームって見たことありますか?私は無いです。なので Web Archive で見てみましょう。

これしか残っていないようです。2011年以降は現在まで一度も再開していないはずなので、2008年3月から2011年1月頃までに脆弱性の届出をした人ならリニューアル後のウェブ届出フォームを知っているのかもしれません。

さて、2011年に停止したウェブ届出フォームを2017年12月頃に再開する予定だということでしたが、ここまで放置していたものをこのタイミングでの公開するというのはどのような風の吹き回しなのでしょうかね。

このアドベントカレンダーは一体どういう結末を迎えるのだろう。

Next debiru's HINT 「ホームページいうな