debiruはてなメモ

はてなブログの HTML が Invalid なの、わたし、気になります

【5日目】永世準備中

2017年12月5日のニュース

みなさんこんばんは。今は12月5日の深夜です。今日はみなさんにお伝えしたいことがあります。将棋棋士の羽生さんが永世七冠の資格を獲得しました。

羽生さんおめでとうございます。将棋ファンのみなさんおめでとうございます。クロノさんおめでとうございますいつも動画見てます楽しいです。

将棋には、アマチュアの世界(級位〜アマ六段・七段八段)の先に、奨励会の世界(〜三段)があり、奨励会三段から昇段すると「四段」となります。四段以上の棋士は「プロ棋士」と呼ばれます。

  • マチュア:15級〜アマ六段・七段八段(アマ七段以上は特別)
  • 奨励会:6級〜三段(アマ六段以上は、奨励会二段・三段に匹敵する)
  • プロ:四段〜九段

将棋通の方が見たらツッコミが入りそうな説明ですがこんな説明でもいいでしょうか。

将棋の世界

将棋の世界には「棋戦」というものがあります。棋戦を主催するところがいくつかあるので、棋戦は15種類くらいあります。

半年に1回(年2回)やるような棋戦もありますが、ほとんどの棋戦は1年に1回、優勝者が決まるような形になっています。そんな棋戦の中でも「将棋タイトル」として認められた棋戦があり、それらはタイトル戦と呼ばれます。タイトル戦の優勝者は「タイトルホルダー」となります。

タイトル戦には、竜王戦名人戦王位戦王座戦棋王戦、王将戦棋聖戦の7つがあります。(叡王戦というのもありますが忘れてください。)

棋戦の賞金の多さを基準に上記の順番で書かれることが多いですが、タイトルの凄さにあまり違いはありません。どのタイトルも凄いですが「名人」と「竜王」がひとつ飛び出ているという感じです。

プロ棋士は四段以降、降段することはなく、ある段位での勝数が規定数を超えたり棋戦等で実績を残すと昇段していきます。名人獲得で即九段、竜王獲得で即八段、竜王2回で九段、他のタイトル1回で即七段、みたいな感じです。

将棋タイトルは、160人ほどいるプロ棋士の中で1年に7人しか獲得できないので、人生で「一度」でもタイトルを獲得できたらそれは大変偉大なことなのです。

今日も放送した食戟のソーマ(3期目、セントラルと黒木場の対決)も面白かったですね。将棋タイトルホルダーとは、遠月十傑みたいなものなわけです。

  • マチュア:15級〜アマ六段・七段八段(アマ七段以上は特別)
  • 奨励会:6級〜三段(アマ六段以上は、奨励会二段・三段に匹敵する)
  • プロ:四段〜九段
  • プロの頂点集団:タイトルホルダー(7人、七段以上確定)

タイトル保持の先にある永世称号

プロ棋士人生で一度でもあるタイトルを取れたら凄いことなのですが、あるタイトルを5回とか7回取ったら永世称号が与えられます(回数や規定はタイトルによって異なります)。殿堂入りってやつです。

ちなみに「さかなクン」は1993年、18歳(高校3年)で『TVチャンピオン』の「全国魚通選手権」で準優勝した後、同選手権で5連覇を達成して殿堂入りを果たしています。

タイトル戦以外にも、一般棋戦(タイトルではない棋戦)にも永世称号があるものがあります。NHK杯です。NHK杯将棋トーナメントで10回優勝すると与えられます。最短で10年かかります。

棋戦によって「永世なんとか」ではなく「名誉なんとか」という言い方だったりします。NHK杯の名誉称号が永世称号と言えるかどうかは微妙ですが Wikipedia の永世称号NHK杯を含めていたのでそう書いてみました。

一つのタイトルで「永世称号」を獲得したら歴史に名を残すプロ棋士として語り継がれます。

  • 1. プロ:四段〜九段
  • 2. プロの頂点集団:タイトルホルダー(7人、七段以上確定)
  • 3. 永世称号保持者:特に実績を残した棋士(タイトルホルダー)

伝説級のプロ棋士

本将棋の歴史(棋譜や歴代名人)が分かっているのは1600年頃からと言われていますが、いまの実力制でタイトルを取り合う棋戦が始まったのは1937年からです。そこから「特に実績を残した棋士」が現れます。

永世称号を一人で複数獲得している棋士もいて、実績と実力、名実ともに伝説級の棋士がいます。

昔は、存在していた棋戦が少ないため理論上獲得可能な永世称号数が今とは違います。大山康晴中原誠の記録は途轍もない大記録です。

話が逸れますが、永世称号を保持していなくとも伝説の棋士と呼ばれる人もいます。終戦直後の日本を統治していたGHQに「将棋は取った駒を使えるが、これは捕虜虐待の思想を持つ野蛮なゲームだ」と将棋を禁止されそうになった当時、チェスを例に反論し日本の将棋を守った升田幸三。14歳7ヶ月で史上初の最年少中学生棋士となり且つ直後の順位戦を4年連続で昇段し、最速18歳でA級八段(八段は当時最高位)を実現した加藤一二三

升田幸三棋士を目指した当時に「この幸三、名人に香車を引いて勝ったら大阪に行く」という言葉を残したことが有名で、その後、名人の大山康晴を相手に実際に香落ちで勝利したという逸話があります。

加藤一二三(通称ひふみん)は「神武以来(じんむこのかた)の天才」とも呼ばれた大天才で長い間トップ棋士として活躍してきました。バラエティー番組やニコニコ超会議に出ている、ただの面白いおじいちゃんじゃありません。

もちろん他にも凄い棋士は何人もいますが、それをここに記すには余白が狭すぎる。

  • 1. プロ:四段〜九段
  • 2. プロの頂点集団:タイトルホルダー(7人、七段以上確定)
  • 3. 永世称号保持者:特に実績を残したタイトルホルダー
  • 4. 伝説級のプロ棋士:歴史上のプロ棋士の中でも語り継がれる存在

羽生善治

2017年12月5日、第30期竜王戦にて渡辺明竜王を制して竜王通算7期獲得により、永世竜王資格を獲得しました。

羽生善治のタイトル獲得数が全体の半分を占めている

この画像は左端が羽生善治18歳である1988年で右端が2017年です。赤いマスが「羽生善治がタイトル獲得」したことを示しています。竜王戦が設立した1988年から今年までちょうど30年間のデータですが、合計217タイトル中(棋聖戦が年2回だった時期あり)、羽生善治が99タイトルを獲得しています。

人生で1回でも獲得できたら凄いタイトルを羽生善治は18歳からの30年間で、1年あたり「3.3個」保持し続けています。また特筆すべきは1995年、7冠独占を達成しています。

  • 1. プロ:四段〜九段
  • 2. プロの頂点集団:タイトルホルダー(7人、七段以上確定)
  • 3. 永世称号保持者:特に実績を残したタイトルホルダー
  • 4. 伝説級のプロ棋士:歴史上のプロ棋士の中でも語り継がれる存在
  • 5. 羽生善治:全冠制覇、永世七冠を達成、プロになってから現在までのタイトルのほぼ半分(99/217)を独占(1988年以降の計算)

今日のステータス

https://www.ipa.go.jp/security/vuln/report/index.html

改修中

  • ウェブ届出フォーム:7年連続準備中なるか

このアドベントカレンダーのどこかの日を書いてみたいと一瞬でも思ってくれた人はいるだろうか。そういう人がいたら Twitter あたりでウェブ届出フォームとの思い出なんかを書いてもらえると助かる。

ここまでの記事、「ですます調」と「である調」がバラバラだし、4日目の見出しが「グダっていう」とかタイポしてるしもうだめっぽい。

Next debiru's HINT 「ホームページいうな